S-Collection株式会社 イベント運営について

S-Collection株式会社の数百~数万人規模のイベント企画・運営・コンサルティング事業

モテワンコンテストなど実績多数!「エントリー」の活用による広告費削減のイベント運営とは!?

イベント運営において広告はとても重要な要素です。

というのも、イベントはそもそも集客ができてはじめて成立するからです。そのため、広告については広告のプロフェッショナルである広告代理店に多額の費用をかけて業務委託することも珍しくはありません。

そこで今回は、イベントを成功に導く広告代理店の役割を俯瞰したうえで、広告代理店を介さず集客をおこなうS-Collection株式会社独自の広告について紹介します。

1.広告代理店の役割とは

広告代理店の仕事は多岐にわたります。

広告媒体の選定から広告枠の申込み、ターゲット層に適したキャスティング、広告物の撮影の立会い、掲載する広告物の制作、広告媒体のスケジュール管理、広告掲載後の報告書の作成などさまざまです。

これらの仕事は幅広くかつ専門性の高い仕事となるため、まとめて外部委託をすることが主流になっていますが、高額な広告費はイベント主催者にとって大きな負担となります。

お客さまに喜ばれるイベントが運営でき、かつ広告費を抑えることができたなら、イベントを主催する企業様にとって喜ばしいことでしょう。

2.エントリー者自身や選考過程が「広告」に!?S-Collection株式会社のイベント運営!

これはS-Collection株式会社の特徴のひとつです。

S-Collection株式会社が運営に携わるイベントのなかでも最大規模の「モテワンコンテスト」では、第1回(2016年)、第2回(2017年)、第3回(2018年)いずれも来場者数1万人という実績を残して大成功を収めています。

モテワンコンテストはダンス、プレゼンテーション、歌唱力、および美男美女など、多種多様なジャンルにおいて、それぞれの「NO.1」を決めるというイベントです。
「その道のプロになりたい」、「自分の得意なことを披露したい」など、さまざまな理由で多くの方々がエントリーをします。

エントリーにYouTubeを利用するため、エントリーからWeb投票で選考が進んでいくなかで、エントリー者やエントリーした方を応援する友人やファンをとおして、モテワンコンテストのイベント自体が広まっていきます。
本番当日までにいたる選考のプロセスそのものが「広告」になっているのです。

モテワンコンテスト以外でも、S-Collection株式会社ではイベントの来場者にアンケートをとったり、通信の利用者のリアルな声をイベントに反映させたりすることで、「お客さまと一緒に盛り上げるイベント」をつくっています。

お客さまと一体となってつくることで、広告費を抑えつつイベント運営ができることは、S-Collection株式会社の魅力のひとつです。

モテワンコンテストをさらに盛り上げるために、S-Collection株式会社はキャスティングにも力を入れています。新人アーティストはもちろん、来場者の年代や流行に合わせたキャステングで、よりいっそう会場の一体感と盛り上がりをうみだします。

こちらの詳細はキャスティングブログをご覧ください。

モテワンコンテストにみるイベント運営に必須のキャスティング力!

「S-Collection株式会社が運営するのイベントならぜひ行きたい!」と言ってお越しくださる方がキャストにも来場者にも、増え続けています。 S-Collection株式会社が自信を持っておとどけする圧倒的な「集客力」と「キャスティング力」をぜひ体感してください。

S-Collection株式会社のイベントを支えている要素は!?スタッフが大切にするプロ意識

参加者からスタッフへエントリー!イベントを支える圧倒的な準備力と判断力と行動力!

S-Collection株式会社主催イベントは、ゲストの方々からも、来場者の方々からも、高い評価をいただいています。
数々のイベントの成功を裏側で支えている要素は、スタッフです。
イベントの規模によっては、数百名にものぼるスタッフが動いています。

S-Collection株式会社主催イベントスタッフは、これまでイベントに参加した来場者のなかからボランティアで募り、スタッフのプロとして役割をまっとうします。
2017年12月02日に開催された「モテワンコンテスト」へ出演されたゲストの方々からも、スタッフの動きがきびきびしていて素晴らしかったと、お褒めの言葉をいただきました。

今回は、もともとはいち参加者であった彼らが、なぜボランティアスタッフでありながら「プロとしての役割」をまっとうできるのかについて紹介します。

1.事前リーダーミーティング

数百名のスタッフが全員きびきびと動いている要因は、事前ミーティングでイベントの目的とスタッフ自身の役割の意図をしっかり共有しているからです。

まず、スタッフはゲスト対応、舞台裏、設営、誘導、受付などの各役割に割り振られ、役割のなかで経験の豊富な方を「スタッフリーダー」として一任します。

その後、スタッフリーダー同士で集まり、マニュアル作成、必要な人員の計算、配置、動きなどを話し合って決めます。

2.当日全体ミーティング

決定事項がボランティアスタッフに伝わる理由は、当日の事前ミーティングです。
このミーティングでは、マニュアルの読み上げではなく、限られた時間の中でスタッフとしての目的共有が入念に行われます。

「来場者に楽しんでいただくこと」
「ゲストの方々に気持ちよくパフォーマンスいただける環境を整えること」
などです。

目的を共有することで、想定外の事態にも臨機応変に、目的に沿って行動できるスタッフでイベントをつくっています。

イベントをとおしてスタッフが育ち、力を付けたスタッフリーダーがさらに次のスタッフリーダーを育てていく文化が、S-Collection株式会社主催イベントの強みです。
企業様の「イベントをとおして実現したいもの、イベントの目的」をスタッフ全員に共有したイベント創りを、S-Collection株式会社は提供しています。

※2019年9月20日、内容を更新いたしました。

作品をより身近に感じることができる!原画展の魅力とは?

作品をより身近に感じる!原画展へ行ってみよう

日差しが強くなり、外出したくなる時期になってきました。
どこに出かけるか、計画を立てている最中の方も多いのではないでしょうか。

本日は、お出かけ先のひとつにおすすめしたいイベント、漫画の原画展について紹介します。

f:id:s-collection-management:20190816094837j:plain


1.好きな作者の原稿を見ることができる!原画展の魅力とは?

原画展という言葉について、あまり聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれません。
原画展とは、漫画の原稿や下絵、ネタを書いたノートなど、漫画として読む前の状態を展示している展覧会のことです。

普段、漫画として読んでいる作品がどのように描かれているのかを知ることができたり、好きな漫画の絵を大きなサイズで鑑賞できたりなど、とても楽しめる内容になっています。
まだあまり作品を知らない人が観ても作品を知る機会にもなるので、楽しむことができます。

また、最近では原画だけでなく作者の仕事道具が展示してあったり、漫画にまつわるちょっとしたイベントが併設されていたりしています。
好きな漫画がどのような工程で作成されているのか、より作品を感じることができる内容の原画展が増えています。

2.こんなところでもやっている!これから行ける原画展について

最近は、さまざまな商業施設とコラボした展示会や美術館で開催されている展示会など、場所を問わず幅広く行われています。

例として、有楽町のマルイではさまざまな漫画の展示会が定期的に行われています。
こちらは無料で原画を観ることができ、月単位で多種多様なイベントをやっています。
買い物のついでに観るなど、気軽に立ち寄れる展示会となっています。

また、これから注目されている原画展としては「進撃の巨人展FINAL」があります。
こちらは六本木の森アーツギャラリーセンターで行われる予定となっています。
2014年にも同じようなイベントが開催され、その際は25万人が観に訪れました。
今回の展示会では、なんと作者が構想中である「最終回の音」が聴けます。

 

f:id:s-collection-management:20190816095459j:plain

引用:進撃の巨人展FINAL

 

最近の展示会ではいままでとは違った創意工夫を凝らしたイベントにすることで、よりイベントを楽しめるようになっています。
今年の夏は、漫画が好きな方も展示会へ行ったことがない方も、足を運ぶと新しい世界を発見できるかもしれません。

S-Collection株式会社は、企業様と一丸となってお客さまに喜んでいただけるユニークなイベントをつくっていきます。
今後もいま日本に多くあるさまざまなイベントを紹介しながら、まだ世の中にない新しいものを創造していきます。

北九州市でギネス世界記録認定!「グリーンパーク」の世界最長ブランコ

令和元年に北九州市でギネス記録が更新!北九州市の熱い想い

f:id:s-collection-management:20190716151050p:plain

出典:響灘緑地


ギネス記録にはさまざまな種類があります。
子どものころにブランコに乗って楽しんでいた方が多いのではないでしょうか。
そのブランコの長さで、2019年5月11日、北九州市でギネス記録が認定されました。

今回は、北九州市にできた世界最長のブランコ「グリーンパーク」について紹介します。

hibikinadagp.org


1.今までの世界最高記録を30メートル更新!世界最長ブランコ

youtu.be

北九州市の公園、響灘緑地「グリーンパーク」に、ブランコが世界最長の規模で完成しました。
2019年5月11日、ギネス公式認定員の前で、抽選で選ばれた子どもたち100人が一斉にこいで「ギネス世界記録」に認定されました。

古代の円墳を思わせるような円状の丘の上にブランコを建設しました。
そのブランコは円形で、その円周が163メートル、100個の座板がぶら下がっています。
両隣の間隔だけでなく、前後左右の安全性も確保したため、ブランコエリアの面積は0.8ヘクタールもあります。
二人乗りと違って、横にずらっと人がいるだけではありません。
向かい側でブランコをこいでいる人の顔も見えている状態のブランコです。

ギネスワールドレコーズジャパンによると、これまでの世界最長ブランコのギネス世界記録は、オランダの約133メートルです。
今回、約30メートルも記録を塗り替えています。


2.世界最長ブランコを完成!市民の声を反映させた北九州市の愛情

f:id:s-collection-management:20190716151057p:plain

出典:響灘緑地


北九州市によると、ブランコは人気遊具でありながら、日本公園施設業協会の安全基準で決められた面積を確保できずに設置できない公園も多くあります。
このため、グリーンパークは無料部分も含めると200ヘクタール近くの広さを活かし、思いっきり遊べるブランコを企画しました。

北九州市建設局によると、国の遊具安全基準が厳しくなるにつれ、安全基準を満たさないブランコの撤去が進んでいます。
その一方で小さな子どもがいる親から、ブランコ増設を求める声は多いことも事実です。

そのため、北九州市が約1億2,100万円をかけて土地を整備し、約2,800万円をかけてブランコを建設して完成させました。
整備した北九州市は「これからも魅力あふれる、公園作りに取り組みたい」としています。

北九州市の市民の声を大切にして作成した集大成が世界最長ブランコとなりました。
北九州市に行く際は、ぜひ、体験してみてはいかがでしょうか。

期間限定開催!大盛況のイベントを紹介します!

ゴールデンウィークに開催された関東のイベント

今年のゴールデンウィークは10連休と例年よりも長い連休になっていたこともあり、どこかへ出かけようと考えた方も多いのではないでしょうか。

以前「こんなユニークなイベントあります!」で関東編や関西、四国編を紹介させていただだきましたが、今回は関東のイベントに注目しました。


1.一日中楽しめる!?日比谷公園のグルメフェス

今年のゴールデンウィークは、特に食にフォーカスしたイベントが多くありました。
特に新しいグルメフェスと注目されたイベントが、日比谷公園で行われたふるさと応援祭バイキングパーク2019です。

このイベントは、日本ではじめての”定額制”食べつくしフェスです。全国各地の地域一番店から海外の名店まで、バラエティー豊かなお店が日比谷公園に集まりました。
20店舗以上のさまざまなメニューを前売りチケットでは3000円、当日券でも3800円で堪能できます。メニューの提供は各店舗1食限りとなっていますが、全店舗完食するともう1周利用可能なパスがもらえるようになっており、1日中グルメを楽しめるイベントになっていました。

これからも日比谷公園では、ビアガーデンのヒビヤガーデンや、ベルギービールを味わえるイベントも行われるようです。ビールが美味しくなるこの時期に、一杯飲みに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

f:id:s-collection-management:20190704114622j:plain


2.自然に触れる!季節を感じるイベントたち

暖かくなったこともあり、ゴールデンウィークは花にまつわるイベントも多くありました。
茨城県稲敷市のこもれび森のイバライドでは、15万本のネモフィラが青い絨毯を広げたように咲きました。ゴールデンウィーク時期には3万本のチューリップも見ごろとなり、ネモフィラとの共演を楽しむことができました。

これからの時期は花火大会や海など、夏ならではのイベントが目白押しです。日本橋では、昨年も行われたデジタルアートがパワーアップして登場します。花火のサウンドなどとともに江戸の夕涼みを演出されたイベントになっています。

f:id:s-collection-management:20190704114657j:plain


S-Collection株式会社は、企業様と一丸となってお客さまに喜んでいただけるユニークなイベントをつくっていきます。今後もいま日本に多くあるさまざまなイベントを紹介しながら、まだ世の中にない新しいものを創造していきます。

コミケを裏で支えている要は約3000人のボランティアスタッフ!!

「好き!」が創り出すスタッフのクオリティの高さ

以前、「40年以上つづくコミックマーケットの魅力に迫る!来場者数は3日間で53万人!」でも紹介しましたが、コミックマーケット(以下、コミケ)は毎回50万人以上が参加する日本最大級のポップカルチャーイベントです。
参加したことがなくとも、「コミケ」という言葉を聞いたことがあるという方は、多いのではないでしょうか。
日本最大級のイベントの裏では、約3,000人のボランティアスタッフが黒子として運営を支えています。
イベントを支えるボランティアスタッフの方々は、どのような想いでイベントへ参加されているのでしょうか。

「タダでも協力したい」コミケスタッフのモチベーションとは?

コミケには「お客さまはいない」という概念を基本として、出展するサークル、コスプレ、または企業参加者や、表現を求めて会場に足を運ぶ一般参加者、そして運営の中心となるスタッフの全員が対等な立場の「参加者」であるとしています。
参加している人々が純粋にマンガやアニメ、ゲームが好きで、コミケの理念やルールなどを記載した「コミケットマニュアル」を作成し、40年以上つづくコミケの文化を大事にしています。

スタッフは約3,100人が登録され、コミケ開催期間では1日あたり約2,500人~2,800人が運営に携わっています。
ボランティアスタッフは有志でありながら、会場の警備や誘導など、コミケ会場を取り仕切るレベルの高さに定評があり、そこに毎年ビッグサイトを利用しつづけられる理由があります。
また、学生時代の文化祭を創り上げるような、達成感や充実感がスタッフのモチベーションとコミケの大成功につながっています。

S-Collection株式会社は、イベントや講演会を運営し、創り手となるスタッフにもこだわっています。
S-Collection株式会社のイベント裏に隠された、スタッフの知恵とは?」で紹介しているように、これまでイベントに参加した経験のある来場者の方のなかからボランティアスタッフを募り、イベントを大成功に導いています。
これからもイベントの目的をスタッフ全員で共有し、想いのかよったイベントを開催していきます。

世の中の流れをつかんだキャスティングをするS-Collection株式会社

マルチタレントを活かしたイベントが大人気!

S-Collection株式会社も大注目のマルチタレントとは

昨今、メディアの多様化が進んでおり、マスコミは少しでも話題性のあるタレントを起用しようと常に目を光らせています。
そのなかでも注目されているタレントが「マルチタレント」です。

マルチタレントとは、「時代の変遷!求められるタレント像とは!?」でもお伝えしたように、多種多様なジャンルで活躍するタレントのことです。

今回はマルチタレントをキャスティングするメリットや、マルチタレントの起用を活かしたS-Collection株式会社の今後の展望などを考えていきます。


マルチタレントを起用する二大メリット

マルチタレントを起用するメリットは大きく2つあります。

ひとつめは、企業が特定のファン層へむけたイベントづくりをしやすいことです。
強固なマルチタレントはファン層をもっているため、企業側からすると、そのファン層をターゲットとしたイベントをつくりやすいと考えられます。

ふたつめは、マルチタレントを起用すれば、少ないキャスティングで多くのことを楽しませることができることです。
多彩なマルチタレントを起用することで、音楽、ダンス、お笑いなど、多くの分野で見ている人の興味を引き出すことができ、結果、より多くの人を喜ばせることができます。

通常であれば、多分野のイベントづくりをしようとすると、それぞれの分野の方をキャスティングをする必要があります。
しかし、マルチタレントを起用すれば、仮に1人でも複数の分野をまかなえます。
そのため、企業側は低コストでより多くの来場者を楽しませることが可能だと考えます。

S-Collection株式会社の実績と今後の展望

いままで開催したイベントでは、有名なマルチタレントの起用もしており、お客さまにたいへん満足いただいております。

S-Collection株式会社は、さまざまなジャンルの活躍できるタレントだけでなく、新たなタレントを発掘し、活躍する場を提供しながら応援していきます。
そして、イベントのファンやリピーターを増やしていきます。

今後もS-Collection株式会社は、世の中の状況に合わせながらよりおもしろいイベントづくりをし、ひとりでも多くのお客さまに満足していただけるキャスティングをしていきます。