S-Collection株式会社 イベント運営について

S-Collection株式会社の数百~数万人規模のイベント企画・運営・コンサルティング事業

プロジェクションマッピングの知られざる魅力!

最近話題のプロジェクションマッピングを徹底分析!

今回は、近年注目されているプロジェクションマッピングについて紹介します。プロジェクションマッピングとは、実物(リアル)と映像(バーチャル)をシンクロさせた表現方法のことをいいます。世界中で注目されている、その理由とはなんでしょうか

1.プロジェクションマッピングは新しい映像表現!

プロジェクションマッピングは、映像をスクリーンのような平面に投影したり、建物を単純にライトアップしたりするのではなく、建物のような立体物や凹凸のある面にプロジェクターで映像を投影します。映像の動きや変化によって、対象物が動いたり、変形したり、光を放ったりしているような錯覚を起こす表現が特徴的です。
近未来的なもの珍しさだけでなく、映像が投影されている物体がいつもと違う表情をみせ、見ているものを新たな物語や世界観に引き込みます。

2.インパクトを与えたバーチャルファッションショー

近年ではプロジェクションマッピングを利用したイベントが増加しています。そのなかのひとつの事例をみてみましょう。

2010年11月、世界でも有名なブランドのラルフ・ローレンが、ロンドンとニューヨークにあるラルフ・ローレンショップの外壁でプロジェクションマッピングをつかったファッションショーを行いました。映像が投影された外壁からファッションショーのステージが浮かびあがり、中央に開かれた扉から、そのブランドの洋服を身にまとったモデルの方々が登場します。モデルのイメージに合わせて、ステージの背景も入れ変わるこまやかな演出もありました。さらに、商品である香水の匂いがつかわれ、「4Dプロジェクションマッピング」とも呼ばれました。


ラルフ・ローレンの建物(リアル)とファッションショーの映像(バーチャル)が合わさることにより、強いインパクトと新しい世界観を生み出したのです。

3.なぜプロジェクションマッピングは注目を集めるようになったのか?

プロジェクションマッピングは最近の日本でもさまざまなメディアに取り上げられるようになり、イベントやアミューズメントパーク、レストランなどでも親しまれるようになりました。これほど注目を集めるようになった理由がふたつあります。

ひとつは機材や映像技術の発達があり、高輝度のプロジェクターで多くのクリエイターが制作しやすくなった点です。さらにスケールの大きいプロジェクションマッピングがつくられ、世間にインパクトを与えました。

もうひとつはインターネットやスマートフォンの急速な普及です。それによりYouTubeTwitterなどのSNSで拡散され、プロジェクションマッピングという新しい表現がスピード感をもって広がりました。また、SNSでの拡散により、映像コンテンツとしてインターネット上で繰り返し再生され、高い広告効果を生むことも可能となっています。

現代ではインターネットの普及により、ネットの拡散力は集客力につながり、イベント運営にとって重要です。
S-Collection株式会社でも、ネットとリアルを融合させたイベントを開催している実績があります。今後も時代の流れに沿ってイベントも変化させ、より多くの人が楽しめるイベント運営を行っていきます。

イベント開催の肝!知っておくと役立つ音響チェックの基礎

イベントに欠かせないマイク確認のポイント

昨今は音響設備が整っている会場が多くなってきました。とはいえ、設備がしっかりしているからと安心して準備を怠っていたら本番で慌ててしまったり、事前に音響を確認していても、会場に人が入った状態では環境が変わってしまい焦ったりした経験がある方は多いのではないでしょうか。今回は知っておくと便利なマイクの確認のポイントについて紹介します。

1.これぞマイクの準備!そのポイントとは?

まずは、音響の使用方法のポイントをご紹介します。使用する人、場所、タイミングなどポイントでおさえます。ひとつのイベントで複数のセッションがある場合は、セッションごとに情報をまとめます。特にマイクの使用本数は、予定した数より実際に使用する数が多くなり、予備のマイクを利用するというケースが多いため、入念な確認が必要です。

マイクには主に、ハンドマイク(有線、ワイヤレス)、ピンマイク(ワイヤレス)、ヘッドセットマイク(ワイヤレス)があります。デモンストレーションがあるのでヘッドセットがよい場合や、身振りや手振りを加えて動き回る時はピンマイクのワイヤレスがよい場合など、スムーズにイベントを進行させるために最適なマイクを選びます。

ワイヤレスマイクを利用する場合、近隣で別イベントが開催されていたり、大きなイベント内のあちこちでマイクが利用されていたりすると、周波数調整があるためにむやみにマイクの追加利用ができないことがあります。その事態を防ぐために、事前に周辺でのイベント情報を収集し、使用するマイクの位置をイベントの流れに沿って図解して整理しておきます。

2.なぜ「チェック・ワン・ツー」?

事前にマイクの音量を確認していても、会場に人が入った状態では環境が異なってしまうため、開場後に再度調整することがよくあります。マイクチェックで「チェック・ワン・ツー」という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。「チェック・ワン・ツー」にはさまざまな発音が含まれているので、スピーカーやマイクの音の調整をするには適切な言葉であることが理由です。

「チェック」は硬い音と高音のチェックで、「ピー」ハウリングする部分がないかをみます。
「ワン」は低音と大きい音のチェックをします。また音量が自然と突出するので、他の音より大きすぎないかバランスも確認します。
「ツー」は さらに高音と小さい音のチェックをし、「キーン」とハウリングする部分がないか、小さい音でも会場に聞こえているかを確認します。
また、「チェック・ワン・ツー」は何度も発声できる言葉であるため便利です。

音の鳴り方は会場、スピーカー、マイクの違いなど環境によって異なります。そこでスピーカーやマイクの位置の調整やチューニングをすることによって、「低い音から高い音まで均一に聞こえる状態か」「音量や音圧感」など実際にマイクで音や声を出して全体音を調整します。

S-Collection株式会社では、キャストや来場者が快適に楽しめるよう、音響にも細心の注意を払って全員が満足するイベントをつくります。

ユニークで印象的な入社式!広告費をかけずに宣伝も!

入社式で企業をアピール!

若者にとって、ライフステージが移行しそれに伴う環境が変化のなかで、人とのつながりは成長を遂げ自立していくうえで重要です。今回は職場と若者のつながりや、職場として居心地の良い環境にするために企業で行っている入社式での工夫について紹介します。

1.入社式ではユニークさが注目される!?

「若者にとっての人とのつながりに関する意識調査」を内閣府が行いました。( 平成29年版 子供・若者白書)そのなかで、若者の居場所についての調査項目があります。そこでは、「自分の部屋」「家庭」「学校」「職場」「地域」「インターネット空間」の6つの場所について、それぞれ自分の居場所と思うかを若者にむけて質問があります。調査の結果、職場は39.2%の最下位で、職場と若者の結びつきは弱いといえます。
また、2018年度入社の新入社員は「売り手市場」の世代であり、会社が人材の確保に力を入れています。

そのような社会背景もあり、新入社員にとって早く居心地のいい居場所となるよう、また企業のアピールとなるよう、ユニークな入社式が注目をあびています。

2.ウミガメと一緒に!水中入社式

三重県鳥羽市鳥羽水族館では「水中入社式」が行われました。入社式を記念になる形で開催したいという想いから2006年より水中入社式を実施し、職員や家族だけでなく、報道陣や約400名近くの来館者に囲まれながら開催されています。リクルートスーツ姿に潜水具をつけ、ウミガメや数千匹の魚がいる水槽の中で辞令を受け取ります。そして、水中マイクを利用してあいさつをし、水槽のガラス磨きの初仕事をします。今までに合計30名が「水中入社式」に参加しました。

イベント性をもたせた入社式は、対外的な宣伝効果だけでなく、新入社員にとっては来館したお客さまとはじめてふれあう記念すべき機会です。家族や先輩社員との思い出にもなり、それぞれの結びつきを強くすることにつながっています。

3.なぜユニークな入社式に注目が集まるのか?

ユニークな入社式を行うメリットは大きく分けてふたつあります。
まずは会社のアピールになる点です。ほかの入社式にはない、おもしろい企画を実施することにより、各種メディアで取りあげられやすくなります。それが会社知名度のアップや、事業内容、働く場所の雰囲気を知ってもらう機会につながります。
次にモチベーションアップです。新入社員の緊張をほぐし、職場環境に早く慣れるという効果が期待できます。そして入社式は、多くの社員が集まる場でもあり、会社での一体感が生まれ「この会社で頑張ろう」という新入社員の意識につながります。また、記憶に残るような演出がよい思い出になり、職場という「居場所」への定着も意図しています。

慣例的になりがちな入社式にテコいれをすることで、大きな投資をせずとも企業の宣伝になったり、社員の離職率を減らしたりする効果が期待できます。

【開催告知】ポストTV一強時代のPR戦略セミナー

必見!豪華講師が語る最新のマーケティングとは!?

まるわかり!TV+ネット+イベントで築く新たな時代!

2018年6月13日にPR戦略セミナーの第4回目が開催されます。今回は「さんまのスーパーからくりTV」や「中居正広の金曜日のスマたちへ」などの人気番組を手がけた元TBSプロデューサー角田陽一郎氏から、「ヒットの仕掛け方」をテーマに話していただきます。また、『共感PR』の著者であるベストセラー作家の上岡正明氏には「8社を上場させてきた、小が大に勝つハイブリット型のPRマーケティング戦略」を語っていただきます。
このおふたりに加え、株式会社テクサ 代表取締役の飯田祐基氏も交えたパネルディスカッションと、その後懇親会も予定しています。皆さまの疑問解消や今後のPR戦略強化にぜひお役立てください。

さまざまなディスカッションテーマから、これからのメディアの変化や最先端のPR手法について知ることができる機会となっています。
お席には限りがございますので、気になる方はお早めにお申込みください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

【セミナー詳細】
ポストTV一強時代のPR戦略セミナー
マーケティングにTVは使えるのか?

▼日時
6月13日 (水) 14:30~17:30
受付開始:14:00

▼チケット料金
3000円

https://web-ticket.jp/event/Views/kE6KnkC9sfKydckJ4zRnFuF5X-0WT7mPGWBB5yRgMhc

「ハッピーりぼーん」から学ぶ課題解決型のイベント企画!

子供の成長につながる国内最大規模のリサイクル!

イベントの企画運営の背景には、にはさまざまな目的があります。今回は、事例を挙げて課題解決型のイベントについてご紹介します。

日本マクドナルド株式会社と環境省が連携して、「ハッピーりぼーん」というイベントが開催されました。これはお子様セットである「ハッピーセット」のおまけとしてついているおもちゃで、不要になったものを回収するイベントです。

そのイベントの内容は、全国のマクドナルドの店頭に回収ボックスを設置し、そこで回収したおもちゃを、店でつかうトレイに生まれ変わらせるというリサイクルプロジェクトです。期間中に100万個のおもちゃの回収を目指し、プラスチックのおもちゃを対象にしたリサイクルでは国内最大規模です。2018年2月23日から5月6日まで行われ、進級や進学など新生活が始まるタイミングに、子供たちがものを大切にする心を育む機会になりました。

1.母親のニーズ調査からリサイクルに対する課題が浮き彫りに

ファミリー層の利用も多いマクドナルドが、社会貢献の一環として、3~9歳の子供をもつ全国の母親1,038 人を対象に、家庭のおもちゃに対する思いを調査しました。

その結果、「モノを手放すこととモノを大切にすることを同時に教えるのがむずかしい」「リサイクルをすることが理想だけど、方法がむずかしい」「リサイクルをどうすればいいかわからない」という課題が見えてきました。また、子供に気づかれないようにおもちゃを捨てたことがある母親は84.4%、4人に1人が10回以上子供に隠れておもちゃを捨てているという現状がありました。

2.課題解決をするイベント企画力

イベント企画の第一歩として、まず課題を発見する力が求められます。ハッピーりぼーんの事例では、母親への調査から「子供の気持ちを大切にしながら、上手におもちゃとお別れをさせたい」という思いや「リサイクルが理想だけど方法がわからない」という悩みが明らかになりました。
発見した課題から、子供が遊ばなくなったおもちゃとお別れをする機会つくり、ものを大切にする心やリサイクルへの関心が深まるきっかけをつくりました。

現状を改善する手段を見い出すことが、よい企画を生みだす力のひとつです。

海外の風を日本にも!コラボレーションイベント増えています♪

国際交流の第一歩「知る」機会をつくる

近年、インターネットの発達により、世界が瞬時につながるようになりました。日本で働く外国人も増えてきてグローバル社会が加速しています。国としても日本の文化や芸術を国内外に発信するために歌舞伎、能、落語などの動画を公式YouTubeで公開して、国際文化交流や国際協力を推進しています。国際交流の第一歩は「知ること」であり、諸外国との相互理解を深めていくためにも海外とのコラボレーションイベントが注目されています。

1.体験、体感型のイベントで海外の文化を知る!

まず最初に、実際に体験ができるイベントを紹介します。インド大使館では「モーニング・ヨガ」が開催されています。インド大使館ヴィーヴェーカーナンダ文化センターの公式ヨガ講師から無料で学ぶことができます。また大使館ではヒンディー語や古典舞踊などインドの文化を知ることができる講座がいくつも準備されています。
次に紹介するのは「アフリカン現代アート展」です。このアフリカン現代アートとはティンガティンガ・アートと呼ばれ、1960年代後半タンザニアで誕生した絵画スタイルです。たった6色のエナメルペンキを使い、躍動感あふれるサバンナの動物や風景、人々の暮らしが、色鮮やかにのびのびと描き出されています。150点を超すダイナミックな原画に囲まれて、タンザニアから来日するアーティストによる会場内でのライブペインティングで、アフリカを体感できます。

2.食文化を通じて楽しみながら文化に触れよう!

つづいて食文化を楽しむことができるイベントを紹介します。モルドバ共和国という国をご存知でしょうか。モルドバ共和国とは東欧のルーマニアウクライナの間にあります。「モルドバフェア」ではピクルススープなどの郷土料理やお菓子、伝統ワインを楽しむことができます。ほかにも文化や歴史を学ぶスペースも設けられます。
次に、「アフロ・アメリカン・カリブフェスタ」を紹介します。アフリカ系アメリカ人カリブ海系のグルメやワイン、ビールなどのグルメを楽しむことができます。このイベントではグルメだけでなく、ダンスショーや編込みヘアの体験もできます。

最近は街でも外国人を見かけることが多くなってきました。海外をテーマにしたユニークなイベントがたくさん開催されています。イベント運営の知識を深めるために、さまざまなジャンルのイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

地域活性化!個性あふれる町おこしイベント~石川県輪島市編~

「あぜのきらめき」から学ぶ「盛り上げる工夫」とは?


「あぜのきらめき」は、稲作が終了した毎年10月中旬~3月にかけて開催するイルミネーションイベントです。このイベントは、世界農業遺産「能登里山里海」の代表的な棚田として注目を集めている石川県輪島市の白米千枚田(しろよねせんまいだ)で開催されます。輪島市は人口約3万人の輪島塗で有名な市ですが、「あぜのきらめき」の開催期間中には人口の3倍にあたる約9万人が訪れます。今回は、輪島市が冬の観光客獲得に向けて力を入れている、この白米千枚田イベントになされている工夫について紹介します。


1.イベント成功のカギを握る「ほたるびと」

「あぜのきらめき」は、棚田のあぜに約2万個のソーラーLED電球(通称ペットボタル)を設置し、毎晩イルミネーションを楽しむことができます。日没後、暗くなるにつれて自動で点灯し、棚田特有の曲線とあいまって幻想的な風景がつくりだされます。このイベントの肝となる2万個のソーラーLED電球は、「ほたるびと」と呼ばれる多くのボランティアスタッフによって設置されます。2017年は約300人の「ほたるびと」によってペットボタルが設置され、世界農業遺産とイルミネーションをかけ合わせたユニークなイベントのボランティア体験が、口コミでも話題となっています。


2.マイ田んぼが持てる!?オーナー制度

「あぜのきらめき」を今後も続けていくためには、白米千枚田の美しい景観を守っていく必要があります。その取り組みとして、輪島市は2007年より「マイ田んぼ」をもつことができるオーナー制度を取り入れています。実際に自分の田んぼをもつことで、稲作の苦労や喜びを体感でき、地元農家の方と交流を深めることができます。会員には、収穫米や特産品などが送られる特典もついていて、年々会員数が伸びています。また、この町おこしに賛同する著名人には特別名誉会員として活動してもらっていて、なかには元首相や人気女優もいます。世の中に影響力がある人のサポートと、人に言いたくなるネタを提供していることが、集客成功のカギとなっています。

S-Collection株式会社では、参加者やスタッフなど関わる全員が一体となってひとつのイベントをつくりあげることにこだわっています。石川県輪島市の例にならい、斬新な企画と情報発信によって、世の中で話題となるイベントづくりや運営に努めていきます。