S-Collection株式会社 イベント運営について

S-Collection株式会社の数百~数万人規模のイベント企画・運営・コンサルティング事業

オリンピックの歴史に迫る!開催地変更のウィリアム・グレンフェルの行動力と戦争による中止!

東京オリンピックの開催延期!オリンピックと社会情勢の歴史!

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年3月24日に、2020年東京オリンピックの開催が1年程度延期されることが決定しました。1896年に第1回の近代オリンピックが開催されてからの長い歴史のなかで、延期という措置がとられるのは、今回がはじめてのことです。

今回は、さまざまな社会情勢の変化のなかで、過去にオリンピックがどのような危機を迎え、どのような対応をとって来たのかオリンピックの歴史を紹介します。

1.急ピッチでローマからロンドンへ開催地変更!ウィリアム・グレンフェルの行動力と影響力!

延期という措置がとられたのは今回がはじめてですが、過去に一度だけオリンピックの開催地が変更になったことがありました。

1908年に実施されたオリンピックは当初ローマで開催される予定でしたが、1906年にイタリアのヴェスビィオ山が噴火し、自然災害により都市機能が壊れました。復興に多額の費用がかかるため、イタリアはローマでのオリンピックの開催を断念しました。

しかし、このような事態でもオリンピックが中止になることはありませんでした。国際オリンピック委員会IOC)は開催都市をロンドンに変更し、オリンピックを開催することを決定しました。すでにロンドンでは1908年に英仏博覧会が開催されることが決まっており、博覧会のためのスタジアム建設計画が進行中だったのです。

準備期間が10ヶ月というなかで、英仏博覧会スポーツ部門総監督であり、イギリスのオリンピック委員長でもあったウィリアム・グレンフェルが奔走します。スタジアム建設に目をつけたウィリアム・グレンフェルは、博覧会の計画委員会を説得し、建設中であったスタジアムをオリンピックの当時の平均観客収容数とされる6万6,000人規模にまで拡大させました。

また、その拡大費用は博覧会側に負担させ、博覧会側から2,000ポンドのオリンピック向け費用まで捻出させることに成功しました。ウィリアム・グレンフェルの活躍もあり、イギリスは準備期間10ヶ月で、前回大会の3倍以上の出場者数(2,008人)のオリンピックを無事に開催したのです。

2.中止になったオリンピック!戦争とオリンピックの歴史!

これまでに中止になったオリンピックは5回。原因はすべて戦争によるものでした。
中止になったオリンピックとその要因を夏季・冬季に分けて紹介します。

<中止になった夏季オリンピック
1916年ベルリンオリンピック
開催国:ドイツ  中止の要因:第一次世界大戦

1940年 東京オリンピック
開催国:日本   中止の要因:日中戦争

1944年 ロンドンオリンピック
開催国:イギリス 中止の要因:第二次世界大戦 

<中止になった冬季オリンピック
1940年 札幌オリンピック
開催国:日本   中止の要因:日中戦争

1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック
開催国:イタリア 中止の要因:第二次世界大戦

上記以外にもオリンピック自体は中止にはなっていませんが、人種差別によりボイコットが行われたオリンピックがありました。1936年のベルリンオリンピックでは、アドルフ・ヒトラーユダヤ人選手の参加を禁止し、アメリカ、イギリス、フランスなど多くの国が参加をボイコットしています。

こうしてみると最多の中止回数を記録しているのはなんと日本です。以前、夏季オリンピック冬季オリンピックは同じ年に開催されていて、日本では1940年に2度オリンピックを開催予定でしたが、日中戦争のためにその機会を逸してしまいました。

この時、IOCは開催地の変更を検討し、最終的にヘルシンキでの開催を決定しました。しかし、1939年にソビエト連邦フィンランドに侵攻したことでオリンピックの中止が決定しました。その中止のあとは1948年のロンドンオリンピックから再開されましたが、戦争の責任を問われ、日本とドイツは招待されませんでした。

オリンピックは国を挙げての一大イベントであり、戦争以外の理由では中止されていません。「スポーツの祭典」といわれるオリンピックに対し、各国が力を入れて取り組んでいることが伝わります。東京オリンピックが中止ではなく延期になった背景には、日本だけではなくIOCや各国の想いがあってこその判断だったことが伺えます。

S-Collection株式会社は、一大イベントであるオリンピックからもイベントの在り方や対応を学び、お客さまに喜ばれるイベントを開催していきます。