イベント運営について

S-Collectionのイベント運営について

お笑い×ボイパ!?パッケージでまるっとお任せ!ライブは「WIN LIVEプラン」

「WIN LIVEプラン」の魅力とは?

今回はS-Collection株式会社が主催するイベントの中から、ライブイベント「WIN LIVEプラン」について詳しく紹介します。

WIN LIVEプランは「20代30代の夢の実現を応援すること」というコンセプトで構成されています。
主な特徴は、以下の2点です。

 

①パッケージとしての提供

最初に挙げられる特徴は、パッケージとして提供できるという点です。
「WIN LIVEプラン」というパッケージは、イベントの会場予約、運営スタッフの確保、キャスティングまで、すべてセットでお引き受けするという画期的なプランです。

それぞれ外注するのではなく、すべて自分たちで運営することによって、イベントの開催規模や出演してほしいキャストのイメージなど、企業様のご要望に沿ったライブイベントを開催することができます。

 

②キャスティングの自由度

続いての特徴は、キャスティングの自由度です。
これまでの運営実績として、歌手、DJ、芸人、ダンサー、パフォーマーなどさまざまなジャンルのキャスティングを行いました。

毎回2〜3組程度のキャストが出演する構成になっているため、より自由に組み合わせを考えることができます。

たとえば
・【お笑い芸人】+【ダンスパフォーマー
・【歌手】+【ヒューマンビートボックスパフォーマー

など、組み合わせは多岐にわたります。

 

キャスティングの自由度により、企業様のご希望を実現しやすくなりますので、ぜひS-Collection株式会社のWIN LIVEプランをご活用ください。

S-Collection株式会社主催イベントのリピーターは「価格よりも価値が大事!」

理由はゲスト選出にあり!リアルからの学びを求める来場者たち

前回「なぜ若者がS-Collection株式会社のイベントに集まるのか - イベント運営について」で、S-Collection株式会社主催イベントへのリピーターが多いとお伝えしました。今回はどのような方が価値を感じ、何度も来場いただいているのかをご紹介します。

 

来場者には、新しいもの好きで購買力のある社会人が多くいらっしゃいます。
S-Collection株式会社のメルマガ会員アンケートでは、「商品やサービスを調べるのが好きだ」「自分が気に入れば値段が高くても買う」という質問に、「はい」と回答された方が約7割いました。

 

このような「購買意欲が高い社会人」に企業様が直接宣伝できることが、S-Collection株式会社のイベントの強みのひとつです。イベントをとおして、お客さまの反応を直接受け取れることは、企業様にとって大きなメリットではないでしょうか。
具体的には、イベント開催時に来場者に向けて、入場チケットへの企業ロゴ掲載やフライヤー配布といったプロモーションを実施することがあります。さらに大型イベントでは、フライヤー配布以外にも会場内でのサンプリング配布なども行っています。
こういったプロモーションによって購買意欲の高い来場者へ商品やサービスをアプローチすることができ、それがまた口コミやSNSなどで拡散して、売上アップに結びつけることができます。

 

S-Collection株式会社のイベントに、こういった新しいもの好きで購買力があり、発信の中心となるような若者が多く集まる理由のひとつには、キャスティングへのこだわりがあります。
たとえば講演会では、「学問として経済を研究されている方ではなく、実際に経営をしている経営者であること」を軸に、キャスティングをしています。
事業に対する情熱やこだわり、努力などを間近で感じることができるため、製品、サービスに対して興味を持ち、購入や情報発信につながっています。

 

ひとつひとつのイベントの成功にこだわり、今後もよりいっそう、企業様、お客さまに価値を感じていただけるイベントをつくっていきます。

なぜ若者がS-Collection株式会社のイベントに集まるのか

「若い力」で創られるイベントを、ぜひ体感してください

S-Collection株式会社では、「これからの日本を担っていく若者が、夢に向かい努力することを応援する」というスローガンを掲げています。


S-Collection株式会社主催イベントの来場者は、どのイベントでも20代~30代の若者が多い傾向にあります。一度イベントの価値を体感した来場者が、ご友人を誘って再度参加するリピーターも多いことも、魅力のひとつです。

 

企業様のイベントをサポートさせていただく際も、この世代をターゲットにした運営やキャスティングを得意としています。
若者に足を運んでもらえるように、ターゲットが話を聞きたいと思うキャストを多く呼んでいるキャスティングの力や、来場者の方に「また来たい」と思われるような運営を心がけ、楽しんでいただけるように、あらゆる面からサポートしています。

そういった若い来場者で創られるイベントは、声援も大きく大変な盛り上がりになります。
キャストからは「リアクションがとにかく良くて、パフォーマンスしやすかった」という声を何度もいただいています。
若いエネルギーで満ちたイベント運営は、S-Collection株式会社の強みのひとつです。
盛り上がりを高め、学びの質の向上が期待できます。

 

なぜ来場者が価値を感じ、また参加したくなるのか。
その理由については次回のブログにて紹介していきます。

参加者と共に創る!モテワンコンテストが大盛況な秘訣

スターの発掘!リアルとネットが融合したモテワンコンテスト2017

S-Collection株式会社が運営に携わっているイベントで最も記憶に新しいものといえば、2017年12月に開催された「モテワンコンテスト2017」です。

「モテワンコンテスト」は2016年にスタートしたばかりの新しいイベントで、「リアルとネットの融合」をテーマに、美男美女、お笑い、カラオケ、ヒューマンビートボックス(以下、HBB)のグランプリをリアルタイムで決定するという現代らしい内容になっています。

ネット予選を勝ち抜いたファイナリストによる決勝戦では、審査員、来場者、さらにネット中継の視聴者の投票により、グランプリが決まります。
会場でもネットでも、リアルタイムで投票を行うので、一体感のあるイベントになっています。

今年から加わったHBB部門では、ファイナリストとしてHBB歴3年の現役小学生から現アジアチャンピオンまで、さまざまな経歴を持った方々が登場し、一瞬たりとも目が離せないバトルが繰り広げられました。

来場者や視聴者は、各部門のパフォーマンスを楽しみながら、同時に自分の一票グランプリを決めるので、まるで文化祭のような創り手側の高揚感を味わうことができます。

このように、全員で創り上げていくことができるという点が、「モテワンコンテスト」の魅力のひとつです。

「モテワンコンテスト」では、プロ、アマチュア関係なく誰もが頂点を目指すことができるイベントで、2018年は8月に開催することが決定しています。

回数を重ねてより一層パワーアップした「モテワンコンテスト2018」で、新たなスターが誕生する瞬間を、みなさんと一緒に分かち合えたら幸いです。

年始のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては、よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

 

本年は、旧年以上に皆さまのお役に立てるサービスを提供するためにより一層邁進してまいります。
本ブログではさまざまなイベントの企画・運営に関する情報をお伝えしていきますので、ぜひご活用ください。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末のごあいさつ

2017年も、残すところあとわずかとなりました。

今年は、このブログを通して、S-Collection株式会社のイベントの魅力をお伝えしてきました。
当ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

2018年も、企業様のご期待を上回るイベントを創っていけるよう、誠心誠意努力していきます。

より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

秘伝!最高のスタッフが大切にするプロ意識とは?

参加者からスタッフへ!イベントを支える圧倒的な準備力・判断力・行動力!

 

S-Collection株式会社主催イベントは、ゲストの方々からも、来場者の方々からも、高い評価をいただいています。

数々のイベントの成功を裏側で支えているのは、スタッフです。

イベントの規模によっては、数百名にものぼるスタッフが動いています。

 

S-Collection株式会社主催イベントスタッフは、これまでイベントに参加した来場者の中からボランティアで募り、スタッフのプロとして役割を全うします。

先日の「モテワンコンテスト」でご出演いただいたゲストの方々からも、スタッフの動きがきびきびしていて素晴らしかったと、お褒めの言葉をいただきました。

 

今回は、元は一参加者であった彼らが、なぜボランティアスタッフでありながら「プロとしての役割」を全うできるのかについてご紹介します。

 


1.事前リーダーミーティング

数百名のスタッフが全員きびきびと動いているのは、事前ミーティングでイベントの目的と、スタッフ自身の役割の意図をしっかり共有しているためです。

 

まず、スタッフはゲスト対応、舞台裏、設営、誘導、受付などの各役割に割り振られ、役割の中で経験の豊富な方を『スタッフリーダー』として一任します。

その後、スタッフリーダー同士で集まり、マニュアル作成、必要な人員の計算、配置、動きなどを話し合って決めていきます。



2.当日全体ミーティング

決定事項がボランティアスタッフに落ちるのは、当日の事前ミーティングです。

このミーティングでは、マニュアルの読み上げではなく、限られた時間の中でスタッフとしての目的共有が入念に行われます。

 

「来場者に楽しんでいただくこと」

「ゲストの方々に気持ちよくパフォーマンスいただける環境を整えること」

などです。

 

目的を共有することで、想定外の事態にも臨機応変に、目的に沿って行動できるスタッフでイベントを創っています。



イベントを通してスタッフが育ち、力を付けたスタッフリーダーがさらに次のスタッフリーダーを育てていく文化が、S-Collection株式会社主催イベントの強みです。

企業様の「イベントを通して実現したいもの、イベントの目的」をスタッフ全員に共有したイベント創りを、S-Collection株式会社は提供しています。




関連記事:スタッフ募集について

http://s-collection-management.hatenadiary.com/entry/2017/12/06/000628